ワキの汗を抑える治療

ワキの臭いの元を取り除く施術

2つある汗腺(アポクリン汗腺・エクリン汗腺)を目視で取り除く手術「剪除法」は、多汗症にも効果があります。

ワキ(剪除法)

匂いが軽く、夏などに限る多汗症の場合は「ボトックス・ボツリヌストキシン注射」でよいかもしれませんが、そうでない深刻な悩みを抱えている場合は、メスを使ってアポクリン汗腺とエクリン汗腺を除去する「剪除法」(せんじょほう)という方法があります。

2つある汗腺のうち、アポクリン汗腺はニオイのもととなります。一方、エクリン汗腺は汗のもととなります。これらが人より多かったり大きかったりすることが、ニオイの強いワキガの原因といわれています。

「剪除法」では、アポクリン汗腺をしっかりと取り除きます。施術方法は、ワキ下の皮膚を3~4cm切開し、医師の目視で判断できるアポクリン汗腺をできる限り除去します。

ややダウンタイムを要するため、術後のケアには気を使いますが、これまでのように、ワキの汗だけではなく、ニオイを気にせずに生活できる心地よさを実感できるはずです。また、術後にワキの毛が薄くなります。

重度のワキガの場合、周りにはすぐわかるのに、本人はニオイに麻痺してしまって気がつかないというケースがよくあります。ワキガの心配がある人は、一度診察を受けてニオイの強弱を診断してもらうとよいでしょう。自分ではとても気になっていても、意外と軽度や中程度と診断されることもあります。

剪除法のメカニズム

▲ワキ下の皮膚を3~4cm切開します。

▲アポクリン腺、エクリン腺、毛根の大部分を除去するため、
臭いの大部分が、除去され、汗の量も減らします。

概要

施術基本情報

施術時間 60~120分
術後の通院 1~2回
術後の腫れ 1~2週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔
シャワー 創部がぬれなければ当日より可能
Copyright(c) Primeworks All Right Reserved.