ワキの汗でお悩みの方に

多汗症の治療について

ボトックス・ボツリヌストキシン注射で簡単に治療できますが、臭いのきつい場合は手術によって根本から解決します。

多汗症の治療

多汗症で汗をかく部位はいくつかあります。代表的なのは、ワキ・手の平・足の裏です。
交感神経の作用を弱らせるボトックス・ボツリヌストキシンを注入することにより、末梢神経の枝からの命令が筋肉や汗腺などの器官に伝わりにくなり、汗の分泌を抑えることができます。手術に抵抗ある方も簡単に汗の分泌を減少させることができます。 ただし、強いワキガの方は、剪除法(せんじょほう)という手術で、アポクリン汗腺とエクリン汗腺を除去する治療法があります。


ノートや書類が濡れたり、ハンカチが手放すことができないという方、また、汗ですべってサンダルが履けないというほど汗をかいたりする方は・・・手の平や足の裏の多汗症の治療に効果的なのはボトックス・ボツリヌストキシン注射です。

汗をかきやすい夏の間だけなど期間限定でニオイと汗を抑えたい方にピッタリです。強いワキガでない方はボトックス・ボツリヌストキシン注射だけで十分な効果が出ます。繰り返し注射を行うことでアポクリン汗腺とエクリン汗腺が徐々に萎縮し、持続期間が長くなったり、効果が倍増していきます。

臭いがきつい場合は、メスを使う剪除法(せんじょほう)という手術をおすすめします。アポクリン汗腺とエクリン汗腺を除去しますので、多汗症やわきがの治療として最も効果の高い方法です。



Copyright(c) Primeworks All Right Reserved.