ワキガや多汗症の治療

多汗症とわきがの違い

2つある汗腺のうち、エクリン汗腺からでる汗の量が異常に多いのが多汗症、臭いの原因となるアポクリン汗腺を刺激するのがわきがです。

わきがの関連性

ワキに大量の汗をかきやすいと=わきがだと誤解されることが多いのですが、わきがと多汗症は似ていますが根本的な構造が違います。


エクリン汗腺とアポクリン汗腺

皮膚の奥底の「皮下組織」には、汗と臭いに関係する「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」があります。

エクリン汗腺は、皮膚の浅い部分にあり全身に分布し体温や水分を汗で調整する働きをしています。エクリン汗腺は、暑いときばかりでなく、寒いときには乾燥した肌に潤いを保つ働きもしているのです。ただし、エクリン汗腺から出る汗の量が異常に多くなると「多汗症」ということになります。

一方、アポクリン汗腺は皮膚の奥深でワキや陰部など特定の部分に分布し、主にわきがの原因とされ嫌なニオイの素となる成分を分泌しています。動物の場合、アポクリン汗腺から発するニオイは、仲間同士の確認や異性の関心を惹きつけるためのフェロモンのような役割がありますが、私たち人間の場合は、ほとんどが退化してワキと陰部にだけ残ったと言われています。

アポクリン汗腺にはタンパク質を多く含み、皮膚の表面の雑菌などと混ざり合うことで独特なニオイを発するわけです。ですので、わきがと多汗症は根本的な構造が違うため、おのずと治療法も変わってきます。ちなみに、わきがはワキのニオイということで一般的に言われていますが、医学的には「臭汗症」という病名がついています。


Copyright(c) Primeworks All Right Reserved.